20代のダイエット!運動より大事なことがある!?

      2017/10/12

 

ダイエットに関心があるという方はここ数年、多くなっています。

ダイエットをする上で、20代、30代、40代、50代と、

それぞれの年代が違うにもかかわらず、同じ方法でダイエットするのはおかしいと思いませんか?

私はそれぞれの年代、体の変化、生活環境に合わせて、

ダイエットをする方がより早く痩せられると思います。

 

そこで、年代を絞ってダイエットの方法を提案することが、

より早く痩せられる近道だと思いました。

 

今回のテーマは、20代のダイエットです。

20代のダイエットでは運動よりも、食事、睡眠が大事になってきます。

なので、食事・睡眠を重点的に20代にあったダイエットを書いていきます。

 

・この記事は20代で運動はしているけど、

一向に痩せないという方に一番見ていただきたいです。

 

 

30代の方のためのダイエットはこちら

30代のダイエット!痩せるために!【食事・運動・睡眠】

 

 

20代の特徴

まず、20代の方の特徴を書いていきます。

新陳代謝がいい

10代で新陳代謝が一番活発になりますが、20代でも体の新陳代謝は高い方です。

代謝がいいので、夜更かししたり、

お酒を飲みすぎてもすぐに回復し少々の無理ならきく年齢です。

 

生活が不規則になる

20代は就職したり、一人暮らしを始めたり、新しい仕事を覚えたりと忙しい時期です。

進学や就職で一人暮らしを始めると、食事も自分で自炊するか、

外食するかしないといけなくなります。

環境の変化で、 食生活が乱れやすくなります

また、仕事で帰りが遅く、就寝時間が遅くなってきます。

そうなると睡眠の質まで低下していきます。

このように、20代は環境の変化で生活が不規則になりがちです。

 

 

20代がダイエットしても痩せない原因

食事が偏っている

20代は就職したてで仕事の要領がわからず、夜遅くまで仕事をしてしまいがちです。

仕事で帰りが遅くなると、帰宅して自炊する時間や気力がわかず、

スーパーで出来合いのものを買ったり、外食が多くなったりします。

そうすると野菜の摂取量が少なくなり、 食事の栄養価の偏りが出てくるのです

 

また、一人暮らしをすると、親から注意されることもなくなるので、

おかしやおやつを食べることが多くなり、炭水化物を余分に摂取してしまいます。

炭水化物は脂肪になりやすいので、余計に太ってしまい痩せにくい体質になってしまいます。

 

睡眠の質が悪い

 

20代は特に、パソコンやスマホを日常的に扱っています。

スマホをすること自体はいいのですが、夜遅くまでスマホでSNSをチェックしたり、

youtubeの動画を見たりしている方が最も多いのが20代です。

 

夜、スマホなどの画面を見ることで、スマホからでる光により、頭が活発に働きます。

本来、夜はゆっくりと頭を休めないといけないのですが、

スマホで頭が活発になると脳が興奮して寝れなくなります

これにより、夜更かしして睡眠時間が短くなったり、脳をゆっくり休ませることができず

睡眠の質が低下してしまいます。

睡眠時間が短くなったり、睡眠の質が低下すると運動を頑張っても、

痩せにくい体になるのです。

 

飲み会が多くお酒の飲みすぎる

20代は会社の飲み会などでお酒を飲む機会が増え、お酒を飲みすぎてしまいます。

お酒は糖質が多く含まれており、糖質を多く摂取することで太ってしまいます。

特に、20代は自分自身をまだ若いと思っており、

無理をしやすいので、お酒を多く飲みすぎる傾向があります。

 

また、お酒には食欲増進効果があるので、おつまみをたくさん食べる方が多いです。

おつまみに人気なものは、揚げ物や焼き鳥など高カロリーなものです。

高カロリーなおつまみをお酒と一緒に食べるので、なおさら太ってしまうのです。

 

 

20代がダイエットで痩せるには

食生活を見直す

20代は食生活が乱れやすいので、食生活を見直すことは特に大事です。

20代で運動しているのに太っているという方が、食生活を改善すると、

ほとんどの方が痩せられると思います。

 

さて、食生活でどういった点を改善するかというと、

・外食を減らし、自炊する頻度を増やす

(どうしても外食するなら、油ものは避け、魚や野菜を多くとる)

・お菓子はあまり食べない(もし食べるなら日中に)

腹八分目にする

よく噛む

以上のことが大事です。

                     

ダイエットは食事から?痩せるために効果的な食生活5選!

 

 

外食を減らし、自炊する頻度を増やす

定食屋やレストランなどの外食ででてくる食べ物は、高カロリーなものが多く、

野菜が少ないです。

なので、自炊して魚や野菜を多くとるようにするだけで、

外食していた方はかなり痩せることができます。

それでも仕事で遅くなり、自炊する時間がないという方は

外食で済ますにしても、カロリーが高い油ものを避け、

焼き魚定食やサラダなどで 魚や野菜を多く食べるように心がけましょう。

 

 

 

お菓子はあまり食べない

お菓子はあまり食べないようにしましょう。

お菓子に含まれる炭水化物は、太りやすくなる物質です。

炭水化物は必要な栄養素なのですが、普段の食事で十分に摂取できており、

お菓子を食べると必要以上の炭水化物を摂取してしまい、それにより太ります。

基本的には、お菓子は食べないのがダイエットにはいいのです。

それでも、お菓子を食べたいという方は、できるだけ活動量が多い日中にお菓子を食べ、

寝る前にお菓子を食べるのは絶対に避けてください

寝る前にお菓子を食べると、十分に消化しきれず、

体内に脂肪として残ってしまい太ってしまいます。

 

 

 

腹八分目にする

腹八分目というのは「ちょっと足りないくらいで食べるのをやめる」という意味で

この考えはとても大事です。

現代の人々は、食べ過ぎているのです。

簡単な話で、どんなに運動しても、どんなにいい睡眠をとっても、

それ以上に食べすぎると太ります。

程よく食べて、食べ過ぎないことが大事なのです。

 

 

 

よく噛む

よく噛むと痩せやすくなります。

噛むことで、早く満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防いでくれるからです。

 

 

質のいい睡眠

質のいい睡眠だけでも、かなりダイエットになります。

忙しくて十分な睡眠時間を確保できないという方は、睡眠の質を上げるといいです。

                     

睡眠ダイエットの効果的なやり方!寝るだけで痩せる?

 

では、具体的な質のいい睡眠をとる方法を書いていきます。

・日光を浴びる

・寝る前にストレッチをする

・寝る前にスマホ、テレビをみない

・ゆっくり風呂に入る

上記のことが大切です。

 

 

 

日光を浴びる

朝、日光を浴びると、夜、メラトニンが分泌されやすくなります。

メラトニンは睡眠には大切な物質で、この物質が分泌されると脳に働きかけて、

眠気を誘う働きがあります。

なので、朝起きたらしっかりと太陽の光を浴びて、メラトニンを分泌させる準備をすることで、

夜の寝付きが良くなります。

 

 

寝る前にストレッチをする

就寝前にストレッチをすることで、自律神経の中の副交感神経が優位になり、

入眠がスムーズになると、質のよい深い睡眠を得ることができます。

 

また、脳や体がしっかりと休息すると、成長ホルモンの分泌が盛んになり、

基礎代謝がアップして痩せやすい体になるだけではなく、

体重の増加を制御するレプチンというホルモンの分泌が増え、

日中の活動時の食欲を抑制することができます。

 

 

寝る前にスマホ、テレビをみない

寝る前に、スマホやテレビを見ると、光の影響で脳が活発になり寝つきが悪くなります。

なので、寝る直前はスマホやテレビを見ない習慣をつけ、

部屋の明かりを暗めに設定することで、脳へ刺激を減らし寝つきをよくすることができ、

眠りの質自体も高めることができます。

 

 

ゆっくり風呂に入る

寝る前にストレッチをするのと効果は似ていますが、

ゆっくりぬるい風呂に入りリラックスすることで、自律神経の中の副交感神経が優位になり、

入眠がスムーズになると、質のよい深い睡眠を得ることができます。

 

 

最後に、適度な運動

20代は代謝がいいので食事・睡眠を改善するだけでも大きな効果がありますが、

それでも痩せないという方は、最後の手段として運動をしてください。

 

忙しい方も多く、運動の時間が多く取れないと思うので、

ジムで筋トレするような激しい運動でない、簡単な運動を紹介します。

 

・仕事帰り、1駅歩いて帰る

・軽いストレッチをする

・腹式呼吸をする

 

20代はこれを徹底するだけで痩せます。

大事なのは簡単な運動でもあきらめず、継続することです。

頑張って続けてください。

 

 

まとめ

20代は進学・就職など環境の変化などで食生活・睡眠が乱れがちです。

体の特徴としては、新陳代謝が活発なので、運動せずとも他の年代より痩せやすいのです。

なので、激しい運動でダイエットするというより、

食生活や睡眠を見直すとこですんなりと体重は落ちます。

 

具体的なダイエットに繋がる行動は

 

食事編

・外食を減らし、自炊する頻度を増やす

(どうしても外食するなら、油ものは避け、魚や野菜を多くとる)

・お菓子はあまり食べない

(もし食べるなら日中に)

・腹八分目にする

・よく噛む

 

睡眠編

・日光を浴びる

・寝る前にストレッチをする

・寝る前にスマホ、テレビをみない

・ゆっくり風呂に入る

これらのことをすると、リバウンドすることもなく、

無理なく、確実にダイエットができます。

是非、やってみてください。


 - 20代のためのダイエット, 運動系ダイエット