ナイフで有名な医療機器のマニーとは【会社の評判まとめ】

      2017/10/12

営業利益率20%以上の上場企業!

私が医療機器の営業だからわかることも踏まえて書いていきます。

高い利益率をだすマニーについてまとめていきます。

 

 

マニーとは

 

マニーがどんな会社かわからない方のために会社概要を書きます。

 

会社概要

 

・商号

マニー株式会社(英語名:MANI,INC.)

 

・設立

1959年12月24日

 

・代表者

代表執行役社長 髙井 壽秀略歴

 

本社・清原工場

〒321-3231 栃木県宇都宮市清原工業団地8番3地図

TEL:028-667-1811(代表)

 

高根沢工場

〒329-1234 栃木県塩谷郡高根沢町大字中阿久津743番地地図

TEL:028-675-1511(代表)

 

・資本金

988百万円(2016年8月末現在)

 

・従業員数

325名(2016年8月末現在)

 

・上場取引所

東京証券取引所(市場第一部)証券コード 7730

 

・事業年度

9月1日から翌年8月31日まで

 

事業内容

・医療機器の製造販売

・医療機器の輸入販売

・その他これに付帯する事業

出典:http://www.mani.co.jp/company/company2.html

 

 

 

 

マニーの福利厚生

  1. 独身寮
    ・なし
  2. 社宅
    ・なし
  3. 世帯手当
    ・調査中
  4. 住宅補助
    ・住宅補助あり(家が会社から1.5km以内だと住宅補助(上限3万円)がでる)
  5. 残業代
    ・管理職以降は残業代ゼロ。
  6. その他の福利厚生

 

 

 

マニーの社風

・年功序列な社風。

 

・中途採用が多く、即戦力となることを求められる。

 

 

マニーの今後、将来性

医療業界は安定しており、医療機器メーカーは利益率が高めです。

眼科の医療機器メーカーは内科などの他科よりも商品の値崩れがしておらず、高い利益を出すことができる。

マニーは眼科用ディスポナイフのメーカーで、最近はディスポナイフの使用が主流になり、

白内障手術の際には必ずナイフが必要になることから、

商品の継続的な売上を見込めることから将来性はあるといえます。

 

ただ白内障手術の保険点数の改正がされた場合は、手術での病院の利益が減るので、

メーカー側もナイフの価格を下げないと買ってもらえなくなり、メーカー側(マニー)の利益も減ることがあります。

 

それを踏まえても、マニーは海外展開もしており、

眼科ディスポナイフのメーカーではトップのシェアを誇る会社なので、今後も安定していると思います。

 

 

マニーの激務度

・上司、所属部署によって変わるが医療業界は仕事量が多く、残業は多い傾向です。

 

 

 


 - 会社