営業利益が高い会社まとめTOP10

      2017/10/12

営業利益が高い会社をランキングにしてみました。

 

 

営業利益が高い会社ランキング

更新:2017/4/12

順位 証券
コード
銘柄名 営業利益
(百万円)
業種 決算期
登録 1 7203 トヨタ 2,853,971 自動車
登録 2 9432 NTT 1,348,149 通信
登録 3 9984 ソフトバンク 999,488 通信
登録 4 9433 KDDI 833,358 通信
登録 5 7201 日産自 793,278 自動車
登録 6 9437 NTTドコモ 783,024 通信
登録 7 6501 日立 634,869 電気機器
登録 8 9022 JR東海 578,677 鉄道・バス
登録 9 7270 SUBARU 565,589 自動車
登録 10 2914 JT 565,229 食品

出典:http://www.nikkei.com/markets/ranking/page/?bd=eigyo

 

これは営業利益の高い会社ランキングなので、

売上高が多い大手企業がランキング上位に入っていますね。

また、トヨタや日産などの自動車メーカーが上位で

車はとても利益が高くとれるもだということがわかります。

ちなみに、売上高が高くても利益率が低い商社はランキングに入ってないですね。

 

 

営業利益が高いと何がいいのか

会社の規模や従業員数にもよりますが、

営業利益の高い会社というのは『儲かっている会社』だということです。

 

よく会社のホームページなどで売上高○○億などと書いてありますが、

会社の売上高の情報を一般の人が見てもほとんど意味がありません。

 

なぜなら、会社情報で大事なのは営業利益だからです。

 

「営業利益ってなに?」と思われた方のために下部に説明を入れてます。

営業利益がなぜ大事なのかわからない方が多いと思うので説明しますね。

 

例、

・売上高が8000万 利益率が10%で  営業利益が800万の卸会社

・売上高が4000万 利益率が30%で  営業利益が1200万のメーカー

の2つの会社があったとします。

売上高だけで見ると、売上高が8000万の卸会社の方が儲かっているように見えます。

しかし、会社として本当に儲かっているのは営業利益が1200万のメーカーの方なのです。

 

このように大事なのは営業利益で、売上高は上げようと思えば簡単に上げることができるのです。

 

 

■営業利益
売上高からコスト(人件費や材料費、広告宣伝費など)を差し引いたもの。本業で稼いだ利益を表す。売上高が良くても、経費がかさむと営業利益は少なくなる。

■経常利益
営業利益に受取利息などの営業外収益を足し、銀行に支払う借入利息などの営業外費用を差し引いたもの。会社の事業全体の利益を表す。本業が順調でも、借入金の返済や利息負担が多いと少なくなる。

■当期純利益(最終利益)
経常利益に、本業とは関係のない土地の売買などで発生した特別利益特別損失を足したり引いたりし、そこからさらに税金を差し引いたもの。臨時の損益を含めた最終的に会社に残るお金を表す。

出典:https://thepage.jp/detail/20131217-00000007-wordleaf?utm_expid=90592221-74.59YB6KxJS6-oVPGhgabD7Q.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.bing.com%2F

 

 


 - 会社