会社をやめる理由、本音と建前ランキング

      2017/10/12

会社を辞める理由は人によっていろいろあると思うのですが、

社員が会社を辞める本当の理由(本音)を聞けることは少ないと思います。

そこで、今回は社員が会社を辞める本音と建前を書いていこうと思います。

 

 

 

会社を辞める理由【本音編】

 

退職理由の本音ランキング

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

出典:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/

 

ランキングを見てみると、

・1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった

・3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった

・6位:社長がワンマンだった

と職場の人間関係を理由に退職する方が多いですね。

 

たしかに、一生の2/3もの時間を職場で過ごすことになるので、

その職場で人間関係が悪いと自分のモチベーションも下がり、

本来あるはずの力も発揮できないですね。

 

できるのであれば、今いる職場で嫌いな人ともコミュニケーションをとり、

仕事上だけでも問題なく付き合っていきたいですが、

中にはパワハラや人格否定までする方もいるもいて、

我慢した方がいいとも言えないです。

 

 

 

会社を辞める理由【建前編】

 

退職理由のタテマエランキング~面接ではこう答えよう~

1位:キャリアアップしたかった(38%)
2位:仕事内容が面白くなかった(17%)
3位:労働時間・環境が不満だった(11%)
3位:会社の経営方針・経営状況が変化した(11%)
5位:給与が低かった(7%)
6位:雇用形態に満足できなかった(4%)
6位:勤務地が遠かった(4%)
6位:仕事に対する責任がなく物足りなかった(4%)
9位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(2%)
9位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(2%)

出典:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/

 

建前ランキングでは

・1位:キャリアアップしたかった

という理由が全体の38%を占めており、

みなさん退職理由をポジティブに説明しているようです。

 

転職活動をするときに面接で、

マイナスな退職理由を言うより、

ポジティブな退職理由を言った方が面接官も好感を抱くので、

好印象を与える退職理由にしますよね。

 

どのような退職理由であっても、

ものごとは良い面と悪い面があるので、

言葉の言い換え次第で、マイナスな退職理由になったり

ポジティブな退職理由になるので、

退職理由を話す際はポジティブな退職理由を言った方がいいです。

 

 

 

まとめ

もし、退職理由を人に伝える場面があれば、

よほど親しい友人以外の人には、

建前でキャリアアップをするなどのポジティブな退職理由を伝えた方がいいです。

 

上司や同僚に理由を聞かれた時も、ポジティブな退職理由を伝えることで

円満に退職できる確率が上がります。

 

どうせ退職する職場なので跡を濁すことなく、

大人の対応をしてさらっときれいに退職すればいいのです。

 

 

 


 - 会社